可愛すぎる女芸人ランキング【クリック!】

ナイツ塙(はなわ)の嫁や同期芸人について!高学歴で相方より面白い?

ナイツ・塙

関東のベテラン実力派漫才師ナイツ、
若手の頃からすでにベテランの
風格を漂わせているナイツですが、
ボケ担当の塙の経歴、プライベート
についてはどうでしょうか。

 

ベース漫談の「はなわ」は実兄
だというお笑い一家のナイツ塙。

 

今回はナイツ塙の嫁、
同期芸人について見てみましょう。

 

また学歴や、相方との関係についても
迫ります。

 

ナイツ塙の経歴!

ナイツ・塙

ナイツ・塙 引用元:twitter

芸名 ナイツ塙
本名 塙 宣之
生年月日 1978年3月27日
芸風 漫才、ボケ担当
コンビ名 ナイツ
相方 土屋 伸之
出身地 千葉県我孫子市出身、佐賀県佐賀市育ち
身長 173cm
体重 70kg
事務所 マセキ芸能社
前職 学生
特技 手の小指が手の甲につく

ナイツの塙が漫才師を志したのは
ダウンタウンの漫才を見たことが
きっかけ。

 

「いつかダウンタウンの前で漫才をする」
という夢を抱いて、高校時代から
お笑いを始めます。

 

地元佐賀時代は、当時の相方と
お笑いコンクールに出場し、
見事優勝します。

 

しかし、そのままお笑いの道には
進まずコンビは解散、大学に進学。

 

当時の相方はよほど塙に未練が
あったのか、一緒に上京し、
再び一緒にコンビを組むよう
説得しますが、
再三の誘いを断ります。

 

大学進学後は落語研究会に所属し、
大学卒業後に落語研究会の
一年後輩の土屋と共に
ナイツを結成します。

 

その後は事務所の社長の意向で、
浅草の寄席で出演を中心に
活動してきます。

 

スポンサードリンク

 

最初は浅草への出入りや
漫才協会がいやでいやで
仕方がなかったといいますが、
その社長の思い付きにより
ナイツは独特の“ベテラン感”と
技術を身につけていきます。

 

小劇場やライブなどへの出場
ではなく、寄席、演芸場への
出場で、お年寄りに合わせて
ネタや店舗を変えたり、
ネタが落語と被らないように、
出番直前にネタを決めたりと、
浅草でその実力が急速に
磨かれていきます。

 

結成から約三年後の2003年には
漫才新人大賞で大賞を受賞、
2008年からは三年連続で
M-1グランプリの決勝に進出し、
めきめきと頭角を現し、
結成10年ほどで早くも実力派の
漫才師として認められることに
なります。

 

M-1出場時には毎年優勝候補の
呼び声が高く、最終的に惜しくも
優勝は逃しますが、M-1出場を
機に実力派の漫才師としての
評価を確固としたものに
していきます。

 

ちなみに、M-1出場により、
ダウンタウンの松本人志の前で
漫才を披露し、夢がかなう
こととなりました。

 

M-1出場時には、松本人志からも
高評価を得ています。

 

ナイツは現在は、
漫才協会の最年少常任理事を
務めています。

 

これも漫才師としての技術を
磨きをかけてくれた
浅草への恩返しなのでしょうか。

 

他の若手にはないベテラン感
というか渋みは
こうした背景によって
生まれてきたものなんですね。

 

ナイツ塙の嫁について!

2009年2月に大学の先輩で、
会社員の一般人”恵美子”さんと
約一年の交際期間を経て結婚。

 

口説き文句は
「寒くなったからちゃんこ鍋でも
どう?」だったとのこと。

 

相撲が趣味のナイツ塙らしい
セリフですね。

 

その後2009年に結婚。

 

式は塙が野球好きとあって、
東京ドームで式を挙げたそうです。

 

互いに「のぶたん」「えみたん」と
呼び合うラブラブな二人に、
2014年には第一子となる女の子、
2016年には第二子の女の子が
誕生しています。

 

スポンサードリンク

 

ナイツ塙の同期芸人について!

オードリー、U字工事、NON STYLE、
もう中学生 若井おさむ
などが同期ということです。

 

特にオードリーとはM-1出場が
重なったこともあり、
M-1以降も仲が良いそうです。

 

ナイツ塙は高学歴?

ナイツ塙は佐賀県の龍谷高校を卒業、
大学は創価大学出身です。

 

学生時代はクラスのお笑い担当、
高校から漫才をはじめ、
大学では落語研究会に所属。

 

お笑い芸人としては、
ある意味で
エリートの道を歩んでいますね。

 

ナイツ塙は相方より面白い?

ナイツのネタはボケ担当の塙が
書いていますが、
なんと二人は漫才の練習は
しないそうです。

 

塙の書いたネタをもとに
個人練習を行い、
あとはぶっつけ本番だそうです。

 

練習をするとボケが
新鮮でなくなる、
ということが理由だそうです。

 

相方の土屋は
「漫才のネタは、ボケが作ったほうが
絶対に面白い」と語っており、
土屋の塙の面白さに対する
信頼が垣間見えます。

 

まとめ

今でも、すでに確立した
”ヤホー漫才”に飽き足らず、
様々な尖ったネタを見せてくれる
ナイツ。

 

今ではすでに実力、芸歴共に
ベテランの域に達しています。

 

今後も自分のスタイルに
甘んじることなく、
挑戦し続けるベテラン漫才師として、
新鮮なネタを見せてくれる
ことを期待していきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください